千葉市中央区本町|歯科|歯医者|虫歯 小児 インプラント

043-225-0338

虫歯の進行と処置

虫歯の原因と予防

虫歯の原因と予防

虫歯は細菌と食物と酸にさらされる時間そして抵抗力の関係でおこります。

●どうしてむし歯になるのでしょう
 
むし歯とは、むし歯菌がつくる酸によって歯のカルシウムが溶けている状態のことです。そのむし歯菌は、歯の表面に付いた食べかす(プラーク)が大好きです。だから、食後はきちんと歯を磨かなくてはいけないのです。
歯はむし歯菌によって溶かされるだけでなく、自然にも溶けています。これを「脱灰(だっかい)」といいます。 その一方で、歯が唾液中のカルシウムやリンを取り込んで、失ったカルシウムを補充します。これを「歯の再石灰化」といいます。
歯は、食べかすが付いていなくても、常にこの脱灰と再石灰化を繰り返してバランスをとっています。しかし歯を磨かないでいると、自然な脱灰にプラスしてむし歯菌による脱灰が起こりバランスがくずれてむし歯になってしまうのです。 もちろん、歯を磨かない代わりに、キシリトールガムをかめば大丈夫、なんてことはありません。歯の表面が汚れていたら、カルシウムやリンは吸収されませんので。
フッ素は再石灰化を促進して酸に対して強い歯を作りますがプラークがいつも残っていては効果が減ってしまいます。

●自覚症状がなくてもむし歯はあります。
「私は、歯は痛くないし、しみたりしないからむし歯なんてありません!」と思っている人はいませんか?むし歯は4段階に分けられます。厳密に言うと微妙なむし歯になり始めの段階をいれて5段階に分けることもあります。進んだ程度によって、(CO)、C1、C2、C3、C4と呼び方ます。実は、「C2」の段階以下ではほとんど自覚症状がありません。とくに「CO」では、これが本当にむし歯かどうか悩むくらい見た目にはわからず、しばらく様子を見て、むし歯になるか観察する必要があります。ちなみにこれは「CO(シーオー)」と呼び、この「O(オー)」は「Observation(オブザベーション)」、つまり「要観察」と言う意味です。学校での健診のときにはCOとCに分けて記録します。COは前歯では歯の白濁やざらざら感、奥歯では歯の溝がざらざらしたり色素もつきやすくなります。

虫歯の進行程度と処置

虫歯の進行程度と処置

<C1 ,C2について>
「C1」「C2」はむし歯で、歯の表面が侵されています。多少のむし歯は歯を削らなくても済むようになったのですが、それでもほとんどの場合、やむを得ずむし歯を削って除去する必要があります。そして、その削った部分を、いわゆる「つめもの」で埋める治療を行います。目に見えないレベルであれば、再石灰化で失った歯の表面を取り戻すことは出来ますが、はっきりむし歯になり、削ってしまった歯は二度と元には戻りません。「なんとか再石灰化で・・」と言うわけにはいきませんので気をつけましょう。

<しみたり、痛みを感じたら>
症状が出たら、「C1」「C2」は、歯の表面が侵されている程度ですが、さらに進行すると...
まずは歯の構造をご説明します。歯の一番外側にはエナメル質があり、その下に象牙質と呼ばれるエナメル質よりやや柔らかいところがあります。その下は歯髄という神経と血管がある部分です。
「C1」は表面のエナメル質が、「C2」はその下の象牙質までが侵された状態です。「C2」では冷たいものにしみたり時には甘いものにもしみることもあります。

<強い痛みや歯肉が腫れる>
「C3」「C4」は、それぞれ神経と血管部分まで侵された状態と、歯の目に見える部分が全て溶けきってしまった状態です。こうなるとずきずき痛んだり神経が腐って根の先の部分に膿みがたまって歯肉が腫れたりします。「C3」の状態では、虫歯の部分を除去して痛んだ神経を取り除き消毒をして根の中に薬をつめます。こうなると、根っこ以外は、少ししか歯はありません。「C4」になると、ほとんどの場合歯を完全に抜いてしまうしか方法はありません。

<むし歯の治療法>
このようにむし歯は、「CO」以外はほとんどの場合、最終的にはつめものでつめたり、かぶせものををかぶせるという方法になります。しかし、一言で「つめる・かぶせる」と言っても、さまざま種類があります。
詳しくは、当ホームページでもご説明をしていますので、ご参考になさってください。また、やむを得ず歯を抜かなくてはならなくなった場合には、ブリッジや入れ歯を入れたり、インプラントで歯を補う方法があります。

<虫歯が治ったら定期的チェック受けましょう>
虫歯を処置してもプラークコントロールが悪ければ再発します。質の高いプラークコントロールを維持するには定期的な専門家のチェックは必ず必要です。健康状態を調べて悪くなる原因を取り除きます。虫歯、歯周病の状態が悪化していないか調べます。プラークの付着状態を調べて磨き残しのないプラークコントロールができるようにします。機械で歯面や根面をきれいに清掃してプラークが付着しにくくします。(痛くなく終了時にはお口の中がさっぱりします)また、子供は歯質が酸に対して弱いため虫歯予防のフッ素塗布によって歯質を強くすることも必要です。

今痛みがある場合は 歯が折れたときは

虫歯が痛い、歯肉が痛い、親知らずが腫れて痛いなど、今痛みがある場合は、すぐにご連絡ください。緊急の治療が必要とお申し出ください。当歯科医院は予約制ですが、緊急の場合は随時対応しています。痛みがある場合はお待ちいただくこともありますが、日常生活に支障のないように痛くなく咬めるような処置をいたします。

<歯が折れたときは>
ぶつけて折れたときは歯が揺れて脱臼していることがあります。すぐに固定処置すれば元に戻ることもあります。また抜けてしまったときも歯を乾燥させずにご持参ください。歯の一部が折れて、咬むと痛いときは欠けた破片をとることにより元の歯を抜かずに治す事も可能です。

痛みは無いが、気になるところがある 歯の変色 差し歯が取れた

虫歯で歯に穴が開いている。詰め物が取れた。歯が欠けた。歯を磨くと血が出る。歯が動いてうまく噛めない。口臭がある。歯に穴が開いてしまうと自然には治りません痛み出してからでは虫歯や歯周病は手遅れの場合が多くなります。

歯の中の神経や歯そのものを抜かなければいけなくなります。
歯の変色は神経を抜いて長期間経った場合、虫歯、かぶせ物の腐蝕や金属イオンの溶出、お茶やコーヒーたばこによる色素沈着等で起こることあります。

差し歯が取れたときはお持ちください。お口の中に気になるところがあれば、歯科医院ですぐに診察を受けてください。お口のなかの問題は早めに解決しましょう。

虫歯と歯周病の根本的な治療は痛くない

虫歯で大きな穴が開いてしまうと中の神経を取らなければいけません。
歯肉が赤く腫れると、切開をして膿みを出さなければいけません。
手遅れになった病気の治療は痛みが伴うことが多くなります。

しかし、虫歯や歯周病の根本的な治療は痛くありません。
虫歯も歯周病も原因は細菌です。原因を取り除くことが根本的な治療になります。

原因の除去とは口の中の細菌をきれいに歯ブラシや清掃補助器具の歯間ブラシ、フロスなどで掃除することが基本です。当歯科医院は原因除去が大切だと考えています。

病気の原因を除去することは予防につながります。予防に勝る治療はありません。予防は痛みなく実行できます。